中国のビットコインマイナーがエチオピアの水力資源に狙いを定める

目次

  • 中国からエチオピアへ
  • エチオピアの魅力: 安い電力、規制の柔軟性
  • 関連する課題

かつて世界のマイニング界で優勢だった中国のビットコインマイナーは、手頃な電力とより有利な規制環境を求めて、現在はエチオピアに避難している。

中国からエチオピアへ

母国で規制変更が渦巻く中、中国のビットコイン採掘者たちは、豊富な水力発電と友好的な規制の約束に誘われてエチオピアへの旅に乗り出した。

かつてはマイニング分野の世界的リーダーとして称賛されていたこれらのマイナーは、2021 年に厳しい規制により中国から追放されることになった。2021 年の中国による仮想通貨マイニングの弾圧は国中に衝撃を与え、マイナーの大量の国外流出を促し、彼らを追い立てた。別の場所を探索します。より緑豊かな牧草地を求めて彼らはアフリカの角にたどり着きました。

エチオピアの魅力: 安い電力、規制の柔軟性

エチオピアは、仮想通貨取引が禁止されているにもかかわらず、電気代が安いことと、マイニング活動に対する政府の歓迎的な姿勢により、これらのマイナーにとって魅力的な目的地として浮上している。

電力網の92%を水力発電が占めるエチオピアは、世界で最も安価な電力源の1つを誇っています。グランド・エチオピア・ルネッサンス・ダムの発電所の稼働後、電力供給量が大幅に増加し、最大容量に達すると2倍になると予想されています。

さらに、エチオピアの穏やかな気候は冷房費の削減に役立ち、現在米国の主要な鉱山ハブの称号を保持しているテキサスなどの暑い地域とは有利な対照を示しています。

中国企業はエチオピアの鉱業の可能性を活用することに時間を無駄にしており、同国の電力独占と提携している企業のかなりの部分が中国から来ている。この投資の流入は、エチオピアが仮想通貨マイニング活動のホットスポットとして台頭していることを強調しています。

関連する課題

ビットコインマイナーのエチオピアへの参入にはリスクがないわけではない。仮想通貨業界の不安定な性質は、政治的および経済的不確実性と相まって、企業とホスト国の両方に課題をもたらしています。

仮想通貨マイニングが環境に与える影響と、エチオピアの電力供給に対する潜在的な負担に関する懸念は依然として続いている。規制の枠組みはまだ開発中であるため、鉱山労働者は長期的な監視とコンプライアンスについて不安を抱えています。

一部の鉱山労働者は規制を回避し、公式の承認なしに電力を確保するために操業を偽装しているが、これはイランやカザフスタンなどの国で見られるようにリスクを伴う戦略である。

中国のビットコインマイナーのエチオピアへの移住は、環境の持続可能性や規制の不確実性に対する懸念が高まる中、マイナーがコスト効率が高く規制に優しい環境を求める世界的な傾向を反映している。

Investment Disclaimer

2024-02-13 18:06