ビットコイン強気派は価格を半減前に5万3,000ドルから5万7,000ドルまで押し上げることができるだろうか?

ビットコインの半減期イベントが近づく中、仮想通貨市場では取引活動の増加と、大幅な価格変動の可能性を示す市場センチメントが示されています。同様に、ビットコインは最近、上昇局面で重要なマイルストーンを達成し、半減期前で初めてリトレースメントレベルの0.618を突破した。

ビットコインの歴史上初めて、#Bitcoin は半減期の前に 0.618 のリトレースメントを突破しました。

新たな強気サイクルへのこれまでで最も強力なスタート。

半減期イベントまであと 2 か月ですが、このサイクルはおそらく他のサイクルとは異なる展開になるでしょう。

— Jelle (@CryptoJelleNL) 2024 年 2 月 13 日

この展開は新たな強気サイクルへの堅調なスタートを示しており、おそらくこれまでのサイクルと比べて型破りなサイクルへの準備となるだろう。同時に、マイケル・ヴァン・デ・ポッペ氏は、ビットコインは潜在的に大幅な強気相場に突入しており、待望の半減期イベントまでに目標価格は5万3000ドルから5万7000ドルになると予想した。

ビットコインの技術的見通しと市場センチメント

仮想通貨アナリストのアリ・マルティネス氏が下位時間枠の分析で指摘したように、ビットコインは上昇三角フォーメーションを構築しており、50,200ドルがレジスタンス、50,000ドルがサポートとなり、短期的には1.60%上昇することを示している。

投資家がこれらの水準を追いかけているのは、抵抗線の突破は強気傾向を裏付ける可能性がある一方、サポート線を下回る反発は一時的な休止を示しているに過ぎない可能性があるためである。

さらに、Crypto Fear and Greedインデックスも、以前はビットコインが69,000ドルの史上最高値を記録した2021年11月に最高規模を達成しました。この指標は現在「極度の強欲」ゾーンにあり、この市場センチメントの結果として購入活動がさらに増加する可能性があることを示唆しています。この感情的な雰囲気と強気のテクニカル設定は、半減期前の数週間にビットコインの強気局面をもたらします。

制度的影響力とETF

米国のスポットビットコインETFの立ち上げが現在の急騰のきっかけとなっている。バーンスタインの専門家らによると、ETFは目覚ましい効果をもたらし、機関投資家がビットコインに大量に流入する可能性があると期待されている。その結果、価格はさらに上昇する可能性があります。

ETF を通じてビットコインが広く合法化され、企業が決済手段として採用し、さらにはエルサルバドルのような国で法定通貨として使用されているということは、ビットコインが主流で受け入れられつつあることを示しています。

ビットコインETFは重要な触媒として台頭しており、最近の取引セッションでは10億ドル近くがこれらの新しい投資手段に流入している。この変化は投資家の信頼の高まりを示しており、市場が成熟し、過去のサイクルの投機的なボラティリティの影響を受けにくくなる可能性があることを示しています。

ビットコイン市場動向

それにもかかわらず、ビットコインが 50,000 ドルまで驚くべき復活を遂げても、Google の検索トレンドによる世間の関心の高まりにはつながっていません。この明らかな矛盾は、現在のバブルが小売の熱狂ではなく、賢明な投資家の活動の波によって促進されている可能性がある市場パターンの移行を示しています。通常ダイヤモンドハンドと呼ばれるビットコイン投資家の抵抗は、ビットコインの長期的な可能性へのコミットメントを示しています。

一方で、最近の米国のインフレ報告は、予想を上回るインフレ数値により利下げ期待が後退したことによりビットコインが若干下落したため、懸念材料となっている。

リップル・ラボがポートフォリオ企業の一部としてスタンダード・カストディを買収

2024-02-13 21:01