ドイツへの米国のミサイル配備計画は「直接の脅威」-モスクワ

ドイツへの米国のミサイル配備計画は「直接の脅威」-モスクワ

国際関係と世界安全保障の愛好家として、私は、ヨーロッパに長距離ミサイルを配備するという米国の決定は、軍拡競争を再燃させ、世界の安定に重大な打撃を与える可能性がある残念な措置であると強く信じています。この配備の危険性についてのロシア大使アナトリー・アントノフの警告は軽視すべきではない。


大使は、ワシントンの宣言が軍拡競争を再燃させ、国際平和を損なう可能性があると警告した。

心配している観察者として、私はこのように表現したい:ロシアのアナトリー大使によると、ヨーロッパに長距離ミサイルを配備するという米国の意図の発表は、世界の安全保障に重大なリスクをもたらし、ロシアとNATOの間の既存の緊張を潜在的に激化させる可能性があるアントノフ。

水曜日、米国とドイツは、2026年から米国がドイツでマルチドメイン任務部隊の長距離射撃能力の定期的な配備を開始すると発表した。これは、将来的にこれらの機能を常駐させるための準備段階です。

私はワシントンが防衛兵器に長距離システムを統合すると発表したことを観察しました。これらのシステムは、それぞれ最大460kmと2,400kmまで飛行できるSM-6ミサイルとトマホークミサイルを搭載する。さらに、開発中の極超音速兵器も含まれています。注目すべきは、コミュニケで述べられているように、 これらの資産の到達距離は「現在のヨーロッパの地上配備火力よりも著しく長い」ということです。

私はアントノフ氏が木曜日のテレグラムへの投稿でこの動きを「ワシントンによる重大な失態」と称して反対の意を表明しているのを観察した。さらに「このような思い切った行動は国際安全保障と戦略的均衡に重大な危険をもたらす」と述べた。

大使は、提案されている配備は「ミサイル軍備競争の危険を増幅させる」と警告し、「すでに緊張し不安定なロシアとNATOの関係における歯止めのないエスカレーション」を引き起こす可能性があるとさらに強調した。

アントノフ氏は、ロシアはミサイル能力に関する紛争から生じる危険を最小限に抑えることを一貫して目指してきたと述べた。対照的に、大使は、ロシアが頻繁に行ってきたように平和を促進する代わりに、アメリカ人は危険な軍国主義的アプローチを選択したと主張した。

私は、安全保障に対する脅威に対するロシアの忍耐力は際限がないわけではない、と熱く強調した。 「ドイツはこの現実を把握すべきだ。ドイツ領土内の米国のミサイル施設は、われわれの観点からは必然的に標的となる。これは単なる警告ではなく、良識ある個人の合理的な反応だ。」 – アントノフ。

同氏は、1987年の中距離核戦力全廃条約(INF)失効後の影響を緩和する方法を検討しなかったとして米国を厳しく批判した。モスクワと米国の間のこの歴史的な協定は、両当事者が飛行可能な中距離ミサイルを所有することを禁止した。 500キロから5,500キロの間。

米国の協定からの離脱は、これまで禁止されていたミサイルシステムの開発によって中国を挑発することが目的だった可能性がある。

同時に、ロシアはINF条約の規定を順守する決意を表明した。しかし、米国が協定に基づいて保護されたミサイルを地球上のどこかに設置した場合、この姿勢を再検討する可能性があると警告を発している。

まだデータがありません。

2024-07-11 13:34