ソーシャルメディア上では「押し目買い」の声が上がり、市場は調整が見られる

仮想通貨の時価総額が24時間以内に急激に減少する中、投資家は「押し目買い」に高い関心を示している。

CoinGeckoが提供したデータによると、世界の仮想通貨時価総額は過去24時間で4.4%減少し、ここ4カ月で最大の下落となった。デジタル通貨の時価総額は、トップ資産であるビットコインBTC)とイーサリアム(ETH)が大幅に下落したため、1兆7100億ドルから1兆6400億ドルに減少した。

ソーシャルメディア上では「押し目買い」の声が上がり、市場は調整が見られる

CoinGecko のデータによると、分散型金融 (defi) トークンの時価総額は、市場全体の冷え込みにも関わらずわずかな増加を記録し、過去 24 時間で 753 億ドルから 756 億ドルに増加しました。

さらに、サンティメントが提供したデータによると、「押し目買い」、「買い」、「押し目」、「押し目買い」という用語のソーシャルボリュームが過去 24 時間で大幅に増加し、2 か月ぶりの最高値に達したことが示されています。 。

は、市場が修正しトレーダーに軽度の懸念を引き起こしたため、4 か月で最大の下落を記録しました。電話のレベルが高く、これは通常、このような低価格に対して多少の過剰な期待があることを意味します。

— サンティメント (@santimentfeed)

市場インテリジェンス プラットフォームによると、市場が「極度の貪欲」ゾーンに陥っているため、議論のほとんどは Reddit と X から来ています。

市場全体の下落は、ビットコインが一時的に4万4000ドルの水準に達し、イーサリアムが2400ドルの領域に達した後に起こった。

BTCは過去24時間で4.1%下落し、約42,150ドルで取引されている。ビットコインの時価総額は依然として8,200億ドルを超えています。

イーサリアムとその他の多くのアルトコインは、ほぼ同様の動きを目撃しました。 ETHは過去24時間で4.9%下落し、本稿執筆時点では2,230ドルで取引されている。

2023-12-11 11:09